長命草に含まれるポリフェノール「クロロゲン酸」とは?

赤ワインやコーヒーで一躍有名になった「ポリフェノール」。
ポリフェノールについて詳しくご存知でしょうか?

ポリフェノールと言っても種類は様々あり、効果もそれぞれ違います。

ポリフェノールの効能としてよく言われる「抗酸化作用」は、体内で作られる活性酸素を取り除く働きがあると言われています。では活性酸素とはなんでしょう?

活性酸素とはストレスや紫外線、喫煙などが原因で体内で発生するもので、酸化力があるため体内に溜まってしまうと健康な細胞を傷つけ病気や老化の原因になってしまいます。活性酸素を減らすにはポリフェノールのような抗酸化作用のある成分を摂取することが有効です。

潤命青汁に配合している長命草にはポリフェノールの一種「クロロゲン酸」が含まれています。クロロゲン酸の効能は、ダイエット効果、脂肪肝の予防効果、糖尿病の予防効果があると言われています。

潤命青汁は、野菜不足解消だけの青汁ではない、抗酸化作用を有する長命草を配合した青汁です。

f:id:kikaijima_aojiru:20161004113357j:plain

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

喜界島潤命青汁、喜界島産白ごまはこちらで購入できます

喜界島情報 潤命青汁についてのFacebookページはこちら

喜界島薬草農園のInstagramはこちら

潤命青汁や喜界島の長命草、白ごまのTweetはこちら

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/