【ごまで疲労回復?】疲れの原因、活性酸素を撃退しよう!

こんにちは、喜界島薬草農園の池上です。

お酒が好きな私は、ほぼ毎日黒糖焼酎で晩酌しています。

この黒糖の香りとスッと飲める飲みやすさがたまらない。やめられない。止まらない。

焼酎 晩酌

以前は、平日でも友人と夜な夜な飲み歩き、深夜に千鳥足で帰るなんていうこともしばしば。でも朝にはシャキッと出勤。

 

ところが…

『あれ?体が重いぞ…』・『寝ても疲れがとれてないな…』

疲労困憊

最近ちょっとしたことで疲れてしまう。

強い睡魔に襲われたり、気だるかったりと体の内側が重いような疲労感を感じる日々が続きました。

色々調べてみたところ、これは体内の『活性酸素』が増えているのでは…と考え始めました。

 

活性酸素とは?】

呼吸によって体内に入った酸素が食べ物などで摂取した栄養素とともにエネルギーに変換される際に発生する副産物です。

 

活性酸素が増え続けると…細胞をさびつかせ、体機能の低下・老化促進・生活習慣病を引き起こす原因になったりと恐ろしい結果を招くそうです。

ただ、通常は体に備わっている抗酸化力が働き、過剰に増えた活性酸素を除去しています。

 

【では、なんで活性酸素が増えてしまうのか?】

活性酸素は、ストレスや環境(例えばタバコや排気ガス、紫外線、電磁波など)によって心身に与えるダメージが原因となって増えます。

抗酸化力で除去できる活性酸素量を超えてしまえば体内に増えていくということですね。

ちなみにアルコールが与える肝臓への負担も活性酸素が増える原因だそうです。

活性酸素 増える原因 環境汚染

 

【抗酸化力を増やすにはどうすればいいのでしょう?】

それは食べ物で抗酸化力を補えばいいのです。その抗酸化力を備えている栄養素の1つがごまに含まれる「セサミン」です。

 

セサミン摂取で抗酸化力を補うことで活性酸素が除去し、体のさびつきを防ぎ老化を抑えることが期待できます。

また、セサミンには美肌効果や高血圧の改善、疲労回復など様々な効果があるといわれています。

 

『よし、食事をつくろう』

今回の課題は疲れた肝臓に負担をかけない食事。

「刺激(辛み)を与えない」、「体の内側から温める」、「あっさりとしていてゴマをたっぷり食べられるもの」にしよう。

その条件を満たす私がつくった料理は…【しゃぶしゃぶ】!

しゃぶしゃぶ 鍋料理

 

【なんでしゃぶしゃぶなの?】

と聞きたくなる方もいらっしゃるかと思います。

 

理由

①刺激の強いスープではなく、お湯にダシを入れて食べるから体内から温めます。

※ダシの1つとして我が家では天日干しで乾燥させた生姜のスライスを入れています。

生姜パワーでさらに体はぽっかぽかです。

 

②野菜や豚肉を自家製ごまだれで食べます。

ごまだれは、喜界島産の洗いごまを煎ってからフードプロセッサーでペースト状になるまで回します。

ごまをそのまま食べても、固い殻を消化できずに排出されてしまいます。

ごまだれのようにペースト状態にすることでごまの栄養素を余すことなく取り入れることができます。

喜界島産白ごまを使用したごまだれ

たっぷり野菜も食べてお腹もいっぱい。体も温かい(むしろ暑い)。

 

では最後にお酒を1杯…というのは肝臓を少し休めてから。

おいしいお酒もほどほどにすることで、我慢した分、よりおいしく味わえますよ。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

喜界島潤命青汁、喜界島産白ごま、新鮮緑ボタンボウフウ末のご購入はこちら

喜界島情報 潤命青汁についてのFacebookページはこちら

喜界島薬草農園のInstagramはこちら

潤命青汁や喜界島の長命草、白ごまのTweetはこちら

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/