喜界島

【日頃の感謝を込めて「収穫祭」を開催!川畑さおりさん熱唱】

先日、町会議長はじめ多くのご来賓、日頃長命草(ボタンボウフウ)を栽培し納品してくださる生産者の皆様と「収穫祭」を行いました。 まずは代表の石原から皆様へご挨拶。長命草(ボタンボウフウ)の研究についての発表やヒト臨床試験の論文などを紹介させていた…

【11月の収穫を目指して。長命草(ボタンボウフウ)栄養充填中です】

連日快晴が続いている喜界島です。今日は七夕ですね。これだけ晴れていれば織姫と彦星は出会うことができるでしょう。素敵な夜になりそうです。 田畑で育てている喜界島産長命草(ボタンボウフウ)も今はゆっくり休ませ11月の収穫を目指して栄養充填中です。旬…

【ウワサの大家族~栄養たっぷりの長命草(ボタンボウフウ)を楽しく食材調達】

昨夜放送された「潜入!ウワサの大家族」で喜界島の暮らしになれた子供たちの食材調達でも紹介された長命草(ボタンボウフウ)。島の海岸沿いに沢山自生しています。この長命草(ボタンボウフウ)はセリ科の多年草で、塩害にも強く台風などの強風にも負けること…

【生産量日本一!喜界島産白ごまもすくすく育っています】

今年は昨年より10日ほど梅雨明けが遅かった喜界島ですが、白ごまもゆっくりと成長しています。国産の9割を占める喜界島の白ごまは生産量日本一として有名ですが、骨にいい栄養が多く含まれているということでも話題になりました。 白ごまの食べ方でふりかけ…

【蚕のご飯だけじゃない、健康食品としても注目の桑の葉が元気に育っています】

奄美大島と言えば、伝統工芸品の大島紬が有名です。様々な工程を経てサラッとした手触りの大島紬が出来上がるわけですが、絹糸を作る蚕が食べる植物、それが桑の葉です。喜界島でも島の風土で成長した桑が島中にありますが、桑は蚕のご飯になるだけじゃあり…

【喜界島の城久遺跡が国指定史跡に、指定範囲の見直しが文部科学大臣に答申されました】

喜界島では遺跡が多数ありますが、その中でも城久遺跡は9~15世紀の集落遺跡で喜界島では初の国史跡となります。指定面積は約5万平方メートルと広大で、奄美地域では唯一の製鉄炉などの遺構が出土しています。 体においしい長命草(ボタンボウフウ)や白ごま、…

【喜界島産長命草(ボタンボウフウ)もひと段落。年に一度のグランドゴルフを楽しみました】

暑い日が続きますね。喜界島でも連日20度後半の日が続きます。喜界島産長命草(ボタンボウフウ)のシーズンもひと段落。次の刈取りまでに土を休ませ、長命草(ボタンボウフウ)に栄養を蓄えさせる時期です。そんな中、喜界島で年に一度の「第9回 喜界島グランド…

【日頃の感謝を込めて】

こんにちは、高木です。昨日5月14日は母の日でしたね。 この日は喜界島で長命草(ボタンボウフウ)、ヤギ料理が食べられる名店「はやり」で母への日頃の感謝を込めての食事会を開かせていただきました。 近所なのでよく伺うのですが、ヤギ刺しやカラジューリと…

【来年の収穫を目指して…長命草(ボタンボウフウ)定植作業を行いました】

先日、農家の知人の畑にて長命草(ボタンボウフウ)の定植作業を手伝ってまいりました。広大な畑に8人で、約6,000個の長命草(ボタンボウフウ)を定植していきます。 この小さな長命草(ボタンボウフウ)が収穫可能な大きさになるのが約1年後。強い潮風にも負けな…

【喜界島 スギラビーチ海開きしました】

先日の4月29日、喜界島のスギラビーチで早くも海開きをしました。天気は快晴、最高の海開き日和です。この綺麗な海で事故が起きないように、まずは海での無事故を祈願してご祈祷、万が一、水難事故が起こった場合の救命方法の指導。救命方法については子供た…

【第3回 東経130度 喜界島マラソン参加の皆様 お疲れ様でした】

先日4月23日(日)、「第3回 東経130度 喜界島マラソン」が開催されました。喜界島マラソンは先日もお話したように、喜界島全体を走るフルマラソンです。天気も良く若干暑いですが、マラソン日和です。今年は関連会社の方々が潤命青汁のTシャツを着て参加くだ…

【いよいよ開幕!第3回 東経130度 喜界島マラソン】

第2回喜界島マラソンから早1年。4月23日(日)に『第3回 東経130度 喜界島マラソン』が開催されます。喜界島マラソンとは、島の周囲が48キロほどの喜界島を走るフルマラソンです。 私も昨年走りましたが、島全体が一丸となってランナーを支えてくれる素敵なマ…

【関西奄美会 創立100周年記念大会に行ってまいりました】

先日4月16日(日)に兵庫県尼崎市で開催された『関西奄美会 創立100周年記念大会』に行ってまいりました。1,800人定員のホールに2,000人を超える方々が集まられました。 私たち喜界島薬草農園もこのよき日に何かお手伝いができないかと、長命草(ボタンボウフウ…

【喜界島へにっぽん丸寄港】子供たちにも大人気の潤命青汁

先日、4月8日は喜界島へ豪華客船にっぽん丸が寄港し、島をあげてお迎えしました。にっぽん丸は9時に到着、出発するのは17時までと短い時間の停泊でしたが、生産量日本一の喜界島産白ごまや長命草(ボタンボウフウ)・桑の葉・大麦若葉配合の潤命青汁をご紹介さ…

【黒糖と言えば…喜界島を忘れてはいけません】

黒糖と言えば、沖縄!と思われるかもしれませんが、喜界島の黒糖もおいしいと評判なのはご存知でしょうか?先日、喜界島で黒糖を製造されている「南村製糖(なむらせいとう)」様にお邪魔しました。 南村製糖は戦後、南村家でつくっていた昔ながらの黒糖を復活…

【辛~い坦々麺にもおいしい喜界島白ごま】

少しずつ暖かくなってきましたね。喜界島でも最高気温が20℃前後の日が続いています。無農薬・化学肥料不使用の長命草(ボタンボウフウ)もすくすくと育っています。 先日、坦々麺をつくったのですが、とうがらしを入れすぎてしまったため、想像以上に辛くなっ…

巨大ガジュマルがそびえる喜界島

最近では観葉植物としても人気のガジュマル。根元が独特で可愛い植物ですね。喜界島では昔から屋敷の防風垣として重要な役割を果たしてきました。中でも凄いものが手津久津の巨大ガジュマルです。 ガジュマルの高さは17m以上、幹回りは16m、樹齢は100年を超…

喜界島を含む奄美群島が世界遺産登録へ一歩前進!

世界遺産の登録を目指している奄美大島ですが、来月3月7日に喜界島を含んだ奄美群島の5つの島が国立公園に指定されることが決定しました。国立公園に指定されれば国内で34か所目、県内では4か所目の国立公園となります。 国立公園の指定は、世界自然遺産登録…

隆起サンゴの海岸に自生する長命草(ボタンボウフウ)

潤命青汁に配合している長命草(ボタンボウフウ)は畑で栽培していますが、自生している長命草(ボタンボウフウ)はどんな場所で育っているのかご存知でしょうか? 紫外線や塩害、台風などの強風にも負けない長命草(ボタンボウフウ)は、海岸沿いに自生しています…

春間近、喜界島の黄色いじゅうたん

寒緋桜に続き、春の訪れを感じる風景を見つけました。阿伝の工場からすぐ隣の集落で咲き誇る菜の花。まさに黄色いじゅうたんですね。喜界島の最近の最高気温は大体20度前後。温かな気温も手伝って、綺麗な菜の花畑を見ることができました。 菜の花の「菜」は…

喜界島に咲く寒緋桜 長命草(ボタンボウフウ)を配合した潤命青汁でほっと一息つきませんか?

全国的に寒さが厳しい季節ですが、喜界島では桜の季節到来です。この寒い時期に桜!?と驚かれるかもしれません。喜界島で咲いている寒緋桜(カンヒサクラ)は、中国や台湾が原産で1~3月の上旬にかけて、白や濃いピンクの花を咲かせます。有名な河津桜はこの寒緋…

長命草(ボタンボウフウ)が自生するミネラル豊富な喜界島

こんにちは、喜界島薬草農園です。 今日は私たちが日々生活している喜界島についてお話させていただきます。 隆起サンゴ礁の島である喜界島は、奄美大島本島の東北端に位置し、周囲48キロの小さな島です。隆起サンゴでできた島のため、土壌はミネラル分を豊…

喜界島で島桑を挿し木してみました

こんにちは、高木です。 以前ご紹介した島桑、喜界島の至る所で自生していますが、昨年畑に挿し木をしたところ、みるみる大きくなってきました。挿し木とは株の一部を切りとり発根させて増やす方法のことです。 まだ小ぶりですが、あの小さな桑の挿し木が葉…

ごまの栄養をおいしく摂取!我が家のごま○○○○

こんにちは、喜界島薬草農園です。 あっという間で12月。1年の早さを感じています。 先日、私の大好物しゃぶしゃぶを作りました。鍋物は全般的に大好きなのですが、我が家のしゃぶしゃぶでは、自家製のごまだれを使用しています。市販のものとどう違うの?と…

喜界島が誇る黒糖焼酎の老舗「朝日酒造」が創業100周年を迎えました

こんにちは。 新潟だと日本酒、沖縄だと泡盛、では喜界島のお酒と言ったら…そう、黒糖焼酎です。奄美諸島でのみ製造を許された黒糖焼酎は、米麹とサトウキビからとれた黒糖を原料に作る本格焼酎です。先日、創業100周年を迎えられた朝日酒造株式会社様の「創…

川畑さおりさんも熱唱! ~奄美・沖縄の島唄 歌い継がれる伝統の響き~

先日、「黒潮浪漫街道 奄美・沖縄の島唄 絶唱」というコンサートが東京で開催されました。奄美大島と沖縄の若手実力者が揃う「南西合奏団 群星(むるぶし)」は鹿児島県芸術文化奨励賞を受賞された川畑さおりさんが代表を務められております。団員の皆さんも様…

実は知られていないさらに美味しく、栄養を十分に摂るごまの食べ方!

先月NHK番組「うまいッ!」で紹介されて以来、喜界島産白ごまのご注文が殺到しております。ありがとうございます。今日はごまのおいしい食べ方をご紹介させていただきたいと思います。 弊社の喜界島産白ごまは生の「洗いごま」です。洗いごまは煎っていない…

ごまに含まれるセサミンってなに?美肌効果?

セサミンという栄養素の名前を聞いたことがあると思います。ゴマに多く含まれる成分ですが、どのような効果があるのかは知らない人も多いかもしれません。 主に言われている効果は、体内の活性酸素を除去する作用です。活性酸素は体に必要なものである反面、…

長命草の喜界島からハッピーハロウィン!

ハッピーハロウィン!こんばんは、高木です。 今日10月31日は、ハロウィンですね。皆さん、楽しんでますか?先日11周年を迎えた喜界島のライブハウス「サバニ」でも毎年ハロウィンパーティが開催されます。今年も気合いを入れたメイクでパーティ開始!(サバ…

喜界島のシマ唄の唄者 川畑さおりさんが鹿児島県芸術文化奨励賞を受賞されました。

こんにちは、高木です。 先日、喜界島のシマ唄の唄者 川畑さおりさんが鹿児島県芸術文化奨励賞を受賞されました。この芸術文化奨励賞とは芸術文化の各分野で優れた業績をあげ、今後の活躍が期待される個人・団体に贈られます。1977年から始まり、今回を含め…

喜界島産白ごまの収穫に大忙し!

いよいよ喜界島産白ごまの収穫ラストスパートです。刈り取って、房を結束して、乾燥させて、天日干しして、洗って…大忙しです。 ご覧ください!このごまの房の量!毎日フル稼働です。この手間暇かけたごまこそ私たちが喜界島で心血注いで育てた喜界島産の白…

東洋医学の権威 山原條二博士が喜界島に来られました。

こんにちは、高木です。 先日、NPO天然薬用資源開発機構 山原條二博士と御一行様が喜界島の自然観察とサフランの球根植え付けに来られました。山原博士は長年、天然の生薬について研究されている東洋医学の世界的権威でいらっしゃられます。NPO天然薬用資源…

喜界島産白ごまの驚きの生命力

先日、ごまを天日干ししていた場所を通ってみると…おや? なんと、石垣に小さなごまの芽が芽吹いていました。 この石垣は珊瑚礁で作られた石垣で、隆起珊瑚の島の喜界島では珊瑚の石垣が多く見られます。珊瑚の石垣は台風から家々を守るために築かれたもので…

喜界島産白ごまはテレビで骨粗しょう症予防食材と紹介されました

以前、「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」でも骨粗しょう症予防の食材として紹介された喜界島の白ごま。骨粗しょう症という病名を皆さん一度は耳にされたことはあるかと思いますが、どんな病気か詳しくご存知でしょうか? 骨粗しょう…

NHK「うまいッ!」でも紹介された喜界島の国産白ごま

10月9日(日)、NHK番組「うまいッ!」で喜界島の白ごまが紹介されました。国内に流通している白ごまのほとんどが輸入物という中、喜界島では貴重な国産ごまを栽培しています。そのシェアは国産ごまの70%を占めます。 喜界島は日照時間が長く、降水量が少ない…

喜界島最高地点から阿伝と花良治集落を一望!

平坦な地形の喜界島で最も高い台地「百之台」は、島の中央に広がる約700ヘクタールの広大な隆起珊瑚礁高台地です。百之台にはいくつかの展望ポイントがあり、「ポイント211」と呼ばれる七島鼻が喜界島の最高所になります。 ここからは左に喜界島薬草農園のあ…