【ガイドブックに載っていない沸騰島 喜界島】

先日11月3日、喜界島がテレビ番組【沸騰ワード10】にて特集されました。

私たちが住む喜界島は奄美群島国立公園の一部で、島の周囲が約49キロの小さな島です。

 

喜界島の最高地点「百之台」からはじまり、サトウキビ畑が広がる一本道「シュガーロード」やハワイの海のように見えるという由来から名づけられた「ハワイビーチ」、喜界島の子供たちが遊ぶ「伊実久集落の滝」と喜界島の魅力が次々に紹介されました。

 

喜界島には現在117歳、世界最高齢者の田島ナビさんが在住されています。田島ナビさんをはじめ、90歳を超える長寿の方が約250人と多く喜界島にご健在。長寿の方が多い理由のひとつには喜界島の食材を食べているということもあるかもしれません。

 

番組でも紹介されていた喜界島の白ごま。喜界島は国産白ごまの生産量が日本一です。普段お店に並んでいる白ごまの99%は輸入品、残り1%が国産品で、喜界島産白ごまは国産品の7割の割合を占める大変稀少なごまです。

 

骨の健康にいい食材として紹介された喜界島産白ごまには、骨の健康に必要な栄養素であるカルシウム、タンパク質、ビタミンD、ビタミンK、マグネシウム亜鉛の6種類の栄養素のうち、カルシウム、マグネシウム亜鉛をバランスよく含んでおり、しっかりと栄養を取ることができます。

 

また、昔から「一株食べると一日長生きする」といわれているセリ科の植物である長命草(ボタンボウフウ)は天ぷらやおひたしにして食べます。

 

そして、特集終盤に紹介された喜界島の「海の樹氷」。

私はまだ見たことはないのですが、喜界島は隆起サンゴ礁の島で島の周囲には様々なサンゴ礁が生息しています。この「海の樹氷」といわれるものもそのひとつで、「イソバナ」というサンゴ礁が水深40m付近に密集しており、近くで見ると秋の紅葉のように赤く見え、少し離れてみると樹氷のように美しい姿を見せてくれるそうです。

 

番組では、紹介されていない魅力がまだまだたくさんある喜界島。東京から飛行機とフェリーで15時間と紹介されましたが、鹿児島空港奄美空港から飛行機も出ています。

喜界島の魅力を是非肌で味わってみませんか?

沸騰島 喜界島

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

喜界島潤命青汁、喜界島産白ごま、新鮮緑ボタンボウフウ末のご購入はこちら

喜界島情報 潤命青汁についてのFacebookページはこちら

喜界島薬草農園のInstagramはこちら

潤命青汁や喜界島の長命草、白ごまのTweetはこちら

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

【長命草(ボタンボウフウ)のおいしい食べ方】

こんにちは、喜界島薬草農園の高木です。

パワーベジタブルといわれている長命草(ボタンボウフウ)。弊社の青汁「喜界島潤命青汁」やグリーンスムージーなどの原料になるなど注目を浴びている健康食材です。

 

長命草(ボタンボウフウ)はセリ科の野菜ですので味も香りも独特ですが、どんなふうに食べればいいのか気になる方も多いかと思います。

 

喜界島では天ぷらやおひたし、ムニエルやパスタのクリームソース、ピザにのせて食べます。

長命草(ボタンボウフウ)料理 長命草天ぷら 長命草ピザ 長命草のおひたし 鮭のムニエル(長命草ソース)

私、高木はピザ好きが高じて若かりし頃は東京のピザ屋を巡り、ピザ職人に作り方を教わりました。喜界島に帰郷してからは自宅に自作のピザ窯をつくり、薪で火を焚き時間のある時にピザをつくって楽しんでいます。

長命草(ボタンボウフウ)を使って自宅でピザ作り

「1株食べると1日長生きする」といわれている長命草(ボタンボウフウ)ですが、流通自体少なく生産地でなければあまり目にすることもないかもしれません。

 

そんな時は、喜界島産長命草(ボタンボウフウ)を100%使用した「新鮮緑ボタンボウフウ末」や鹿児島県産大麦若葉桑の葉を配合した「喜界島潤命青汁」はいかがでしょうか?

 

粉末ですので使い方は簡単です。

お好みのお飲み物に入れたり、天ぷらやお好み焼きにサッとかけてもいいでしょう。

ヨーグルトやパンケーキに入れてもおいしくお召し上がりいただけます。

粉末の特性を活かして、さまざまな料理に使える楽しみがありますので、ご興味がございましたら是非お試しください。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

喜界島潤命青汁、喜界島産白ごま、新鮮緑ボタンボウフウ末のご購入はこちら

喜界島情報 潤命青汁についてのFacebookページはこちら

喜界島薬草農園のInstagramはこちら

潤命青汁や喜界島の長命草、白ごまのTweetはこちら

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

【先祖を敬う儀式 シバサシ】

こんにちは、喜界島薬草農園の高木です。

長命草(ボタンボウフウ)の収穫時期です。

NHK番組「小さな旅」にも紹介された隆起サンゴの島である喜界島は、隆起サンゴの化石が散らばるミネラル豊富な土壌です。

無農薬・化学肥料不使用で栽培された長命草(ボタンボウフウ)もこの大地で青々と育っています。

この長命草(ボタンボウフウ)を100%使用し粉末化したものが「新鮮緑ボタンボウフウ末」、鹿児島県産の大麦若葉桑の葉を配合したのが「喜界島潤命青汁」になります。

今後も安心安全な健康食品を皆様にお届けできるよう頑張ります。

 

話は変わりますが、旧暦の8月12日に当たる10月1日、喜界島の14の集落で【シバサシ】が行われました。

シバサシとは墓前でご先祖様の供養をするお墓参りのことです。喜界島の北部では「シバサシ」ですが、南部では「ウヤンコー(高祖祭)」といいます。

 

内地で生活されている喜界島出身の方々も、このシバサシの日にはご先祖様の供養に喜界島へ戻ってきますので、飛行機もフェリーもこの時期はほぼ満席になります。

 

お墓参りの際、家に悪霊などが入らないよう家屋の4隅と門、井戸などにまだ青いススキ(シバ)を挿し魔除けを行います。

喜界島 シバサシ

 

県道にはびっしりと車が停車し、家々から持参したお供え物を墓前に供え、お神酒を捧げて拝礼し供養をします。

喜界島 シバサシ

集まった親族がその場で食事をしながらご先祖様に感謝し、周辺のお墓にもお神酒とお線香を持ってまわったり。

各集落で少しずつ違いますが、ご先祖様を大切に思う気持ちに変わりはありません。

喜界島 シバサシ

 

ちなみに下の写真の岩場は昔、海底にあった岩だそうです。

海底から持ってきたわけではなく、長い年月をかけて地上に隆起してきた岩なのです。

喜界島 隆起サンゴ

今も年間約2㎜ずつ隆起している隆起サンゴの喜界島だからこその光景ですね。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

喜界島潤命青汁、喜界島産白ごま、新鮮緑ボタンボウフウ末のご購入はこちら

喜界島情報 潤命青汁についてのFacebookページはこちら

喜界島薬草農園のInstagramはこちら

潤命青汁や喜界島の長命草、白ごまのTweetはこちら

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

【明日開催】第4回 奄美の観光と物産展 in 大阪

こんにちは、喜界島薬草農園です。

明日9月30日(土)~10月1日(日)は大阪のせんちゅうパル南広場にて【第4回 奄美の観光と物産展 in 大阪】が開催されます。

弊社喜界島薬草農園も喜界島の魅力をお伝えするためイベントに参加させていただきます。

f:id:kikaijima_aojiru:20170929173942p:plain

会場では奄美群島の観光案内をはじめ、黒糖焼酎や郷土菓子などの特産品の販売、さらに喜界島からは川畑さおりさんも島唄を披露してくださいます。

※川畑さおりさんは10月1日(日)出演予定です。

 

弊社喜界島薬草農園も長命草(ボタンボウフウ)・大麦若葉桑の葉を配合した『喜界島潤命青汁』、喜界島産長命草(ボタンボウフウ)を100%使用した『新鮮緑ボタンボウフウ末』、そして国産白ごまの7割を占める『喜界島産白ごま(洗いごま)』をこのイベントに限り特別価格でご提供させていただきます。

 

喜界島の特産品にご興味をお持ちの方、『青汁っておいしいの?苦いんじゃないの?』とお思いの方、ぜひ弊社ブースにもお越しください。明日明後日は最高気温が26℃~28℃とまだまだ暑いので、ご試飲いただきのどを潤していただければ幸いです。

 

皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

 

【せんちゅうパルアクセス方法】

北大阪急行 千里中央駅 徒歩0分

(大阪市営地下鉄 梅田駅より約20分)

 

大阪モノレール千里中央駅 徒歩1分
(大阪モノレール 大阪空港駅より約13分)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

喜界島潤命青汁、喜界島産白ごま、新鮮緑ボタンボウフウ末のご購入はこちら

喜界島情報 潤命青汁についてのFacebookページはこちら

喜界島薬草農園のInstagramはこちら

潤命青汁や喜界島の長命草、白ごまのTweetはこちら

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

【ごまで疲労回復?】疲れの原因、活性酸素を撃退しよう!

こんにちは、喜界島薬草農園の池上です。

お酒が好きな私は、ほぼ毎日黒糖焼酎で晩酌しています。

この黒糖の香りとスッと飲める飲みやすさがたまらない。やめられない。止まらない。

焼酎 晩酌

以前は、平日でも友人と夜な夜な飲み歩き、深夜に千鳥足で帰るなんていうこともしばしば。でも朝にはシャキッと出勤。

 

ところが…

『あれ?体が重いぞ…』・『寝ても疲れがとれてないな…』

疲労困憊

最近ちょっとしたことで疲れてしまう。

強い睡魔に襲われたり、気だるかったりと体の内側が重いような疲労感を感じる日々が続きました。

色々調べてみたところ、これは体内の『活性酸素』が増えているのでは…と考え始めました。

 

活性酸素とは?】

呼吸によって体内に入った酸素が食べ物などで摂取した栄養素とともにエネルギーに変換される際に発生する副産物です。

 

活性酸素が増え続けると…細胞をさびつかせ、体機能の低下・老化促進・生活習慣病を引き起こす原因になったりと恐ろしい結果を招くそうです。

ただ、通常は体に備わっている抗酸化力が働き、過剰に増えた活性酸素を除去しています。

 

【では、なんで活性酸素が増えてしまうのか?】

活性酸素は、ストレスや環境(例えばタバコや排気ガス、紫外線、電磁波など)によって心身に与えるダメージが原因となって増えます。

抗酸化力で除去できる活性酸素量を超えてしまえば体内に増えていくということですね。

ちなみにアルコールが与える肝臓への負担も活性酸素が増える原因だそうです。

活性酸素 増える原因 環境汚染

 

【抗酸化力を増やすにはどうすればいいのでしょう?】

それは食べ物で抗酸化力を補えばいいのです。その抗酸化力を備えている栄養素の1つがごまに含まれる「セサミン」です。

 

セサミン摂取で抗酸化力を補うことで活性酸素が除去し、体のさびつきを防ぎ老化を抑えることが期待できます。

また、セサミンには美肌効果や高血圧の改善、疲労回復など様々な効果があるといわれています。

 

『よし、食事をつくろう』

今回の課題は疲れた肝臓に負担をかけない食事。

「刺激(辛み)を与えない」、「体の内側から温める」、「あっさりとしていてゴマをたっぷり食べられるもの」にしよう。

その条件を満たす私がつくった料理は…【しゃぶしゃぶ】!

しゃぶしゃぶ 鍋料理

 

【なんでしゃぶしゃぶなの?】

と聞きたくなる方もいらっしゃるかと思います。

 

理由

①刺激の強いスープではなく、お湯にダシを入れて食べるから体内から温めます。

※ダシの1つとして我が家では天日干しで乾燥させた生姜のスライスを入れています。

生姜パワーでさらに体はぽっかぽかです。

 

②野菜や豚肉を自家製ごまだれで食べます。

ごまだれは、喜界島産の洗いごまを煎ってからフードプロセッサーでペースト状になるまで回します。

ごまをそのまま食べても、固い殻を消化できずに排出されてしまいます。

ごまだれのようにペースト状態にすることでごまの栄養素を余すことなく取り入れることができます。

喜界島産白ごまを使用したごまだれ

たっぷり野菜も食べてお腹もいっぱい。体も温かい(むしろ暑い)。

 

では最後にお酒を1杯…というのは肝臓を少し休めてから。

おいしいお酒もほどほどにすることで、我慢した分、よりおいしく味わえますよ。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

喜界島潤命青汁、喜界島産白ごま、新鮮緑ボタンボウフウ末のご購入はこちら

喜界島情報 潤命青汁についてのFacebookページはこちら

喜界島薬草農園のInstagramはこちら

潤命青汁や喜界島の長命草、白ごまのTweetはこちら

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

【変わらぬ喜界島の美しさ】変わる長命草(ボタンボウフウ)のおいしい食べ方

※7月の台風と先日の大雨による被害は喜界島全体で大きな爪痕を残しました。被害にあわれた方が少しでも早く安心して暮らせるように願うばかりです。

 

こんにちは、喜界島薬草農園で工場長を務めている高木です。
今日の喜界島は快晴。思わず撮った空にプードルのような可愛い雲が浮かんでいました。

喜界島

海もきれいなマリンブルーで、いつ見ても気持ちが癒されます。
私は若いころに上京した後、喜界島へ戻り喜界島産の長命草(ボタンボウフウ)や白ごまの栽培・加工などの仕事をしています。

 

東京には24時間いつでも開いているコンビニやファミリーレストラン、CD・DVDのレンタルショップなど人それぞれの生活に合わせた店舗・サービスが存在します。『いつでもそこにある』という便利さが都会にはありました。

 

都会と比較すると喜界島には24時間やっている店はありません。不便さがないといえば嘘になりますが、喜界島には何年経っても変わらない島の美しさがあります。喜界島の美しさは、子供の頃から今になっても変わっていません。そんな喜界島が私は大好きです。

 

話は変わりますが、昔から食べていた長命草(ボタンボウフウ)を青汁の原料にするなんて、子供の頃の私には想像できないでしょう。なぜなら青汁というものがその時代には存在しなかったからです。長命草(ボタンボウフウ)の食べ方は当時から、天ぷらにしたり、お浸しにしたりというものでした。食べ方も時代の変化に合わせて変わるものだと感じました。

 

喜界島産長命草(ボタンボウフウ)と鹿児島県産大麦若葉桑の葉を配合している喜界島潤命青汁は、そのまま水や牛乳で溶かして飲んでもおいしい青汁ですが、いつも同じ飲み方では飽きてしまいます。食べることこそ、毎日の活力であり楽しみな私は、喜界島潤命青汁をホットケーキに入れたり、スープに入れたりと食べ方を変えて楽しんでいます。ちょっとした工夫や思いつきが喜界島潤命青汁の隠された魅力を引き出してくれます。

 

そんな「喜界島潤命青汁レシピ」をホームページにてご紹介しています。他にも「新鮮緑ボタンボウフウ末」と「喜界島産白ごま」のレシピも合わせてご紹介中です。

 

【■おいしいレシピ集はこちら■】
http://botanboufu.com/recipe/

 

喜界島潤命青汁や新鮮ボタンボウフウ末、喜界島産の白ごまをよりおいしく楽しむためにお試しになられてはいかがでしょうか?

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

喜界島潤命青汁、喜界島産白ごま、新鮮緑ボタンボウフウ末のご購入はこちら

喜界島情報 潤命青汁についてのFacebookページはこちら

喜界島薬草農園のInstagramはこちら

潤命青汁や喜界島の長命草、白ごまのTweetはこちら

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

【50年に1度の大雨にも負けない!喜界島の長命草(ボタンボウフウ)】

こんにちは、喜界島の高木です。

今年の喜界島は台風の当たり年ですね。

先月8月4日と9月4日、奇しくもちょうど1ヵ月の期間をあけて「50年に1度の大雨」が2度も降りました。道路は冠水し、川のように足をすくうほどの濁流となっていました。

 

大規模な土砂崩れや暴風によってなぎ倒された白ごま、いつもはきれいな海も土砂を含んだ水が流れ込み濁って…自然の猛威を感じました。

 

『この雨風では長命草(ボタンボウフウ)にも被害が出るかもしれない』そう思うほどの大雨と暴風だったのです。「ボタンボウフウ」は漢字で「牡丹防風」と書きます。そう、「防風」という字が入っていてもあきらめるほどの天候だったのです。

 

雨足が次第に弱まり、長命草(ボタンボウフウ)の栽培地に向かいながらも、喜界島のそこかしこで暴風による被害の大きさを見せつけられました。

 

『あれだけの大雨だったのだから…』と思いつつ、車を走らせ畑へ向かいます。

そして…これだけの被害が出ている中、長命草(ボタンボウフウ)はなぎ倒されることなく、強く生きていました。

喜界島 長命草 ボタンボウフウ

『なんて生命力の強い植物なのだろう』と改めて認識し、また、この長命草(ボタンボウフウ)を使用した健康食品製造にたずさわり、お客様へお届けできることに誇りを感じました。

 

先日、新発売した「新鮮緑ボタンボウフウ末」も「喜界島潤命青汁」にも、半世紀に1度の暴風雨にも打ち勝つ長命草(ボタンボウフウ)を使用しています。

国立公園に指定された喜界島。そのミネラル豊富な大地で育った長命草(ボタンボウフウ)を味わってみませんか?長命草(ボタンボウフウ)の強い生命力を感じてください。

 

今では海も透き通る美しさを取りもどし、喜界島の緩やかな空気が徐々にもどってきたと感じています。

「50年に1度の大雨」が2回も続いた訳ですし、今度は100年後までこんな大雨は来ないかもしれませんが、どんな暴風雨でも喜界島の長命草(ボタンボウフウ)は大自然の猛威に負けずに生き続ける姿が私の目に浮かんでいます。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

喜界島潤命青汁、喜界島産白ごま、新鮮緑ボタンボウフウ末のご購入はこちら

喜界島情報 潤命青汁についてのFacebookページはこちら

喜界島薬草農園のInstagramはこちら

潤命青汁や喜界島の長命草、白ごまのTweetはこちら

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/